• ワインとおつまみを片手にジャズのライブコンサートをエンジョイ。
  • ウェスタン・グッズが揃うお店。子供の服が可愛い!
  • 映画で一躍有名になったレストラン、ヒッチング・ポスト。
  • こちらがスモーキーな香りが漂うグリルアーティーチョーク。
  • メインでオーダーしたフィレ・ミニヨン。
  • こちらが甘さ控えめのキーライムパイ。
  • 映画で度々出て来るバーカウンターと壁には映画撮影時の写真が。

ワイン好きには堪らないワイナリー巡り ~その2~

6+

ワイン好きが集う町 “Los Olivos(ロス・オリボス)”

さて前回に続いてサンタバーバラ周辺のワイナリーについてご紹介したいと思います。

 

 

サンタバーバラ郡にある小さい町ロス・オリボスは前回ご紹介したサンタ・イネス・バレーから程近く、

上の地図でわかる様にロサンゼルスから車で約2時間で行ける距離の場所にあります。

 

約8㎢の小さいエリアで人口もたったの1,132名という小さな町。

 

これが小さな町、ロス・オリボスの入り口。

 

その小さなエリアに前回ご紹介したワイナリーのテイスティングルームがあったり洒落たスパやホテル、ブティック

があったり。

 

アメリカの田舎っていう感じの町の雰囲気。

 

小さい町でありながらもワインにお買い物にスパとの~んびり散策しながら楽しめる場所です。

 

ではそんな魅力的な町ロス・オリボスについてご紹介しましょう。

 

どれにするか迷ってしまうテイスティングルームの数々

この小さな町になんと25ものテイスティングルームが軒を連ねています。

 

見づらいですが下の地図の紫色の印がテイスティングルームの場所。

 

 

どこでテイスティングしようか迷ってしまう程。

 

実に様々なワインテイスティングルームがあります。

 

歩いてもすぐ回れる広さなので焦らずまずはゆっくり散策しながら回って良さそうだなと思った所に

入って下さいね。

 

ロス・オリボスの人気テイスティングルームについてはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

https://winecountrygetaways.com/wine-regions/santa-barbara/top-wine-tasting-rooms-in-los-olivos/

 

様々なイベントが開催される町  

ロス・オリボスでは定期的に様々なワインテイスティングとコラボしたイベントが開かれています。

 

私が6月に訪れた時はちょうど “Jazz & Olive Festival” (ジャズ アンド フェスティバル)なるものが開かれていて

沢山の人達で盛り上がっていました。

($45/名 入場料)

 

ジャズフェスティバルのサイン。

 

アウトドアでジャズを聴きながらのイベント。

 

色々なワイナリーがブースを出していて勿論テイスティングが出来ます。

 

様々なワイナリーがテイスティングブースを出しています。

 

またイベントのタイトルにもあるようにオリーブを提供しているブースも幾つかありました。

 

アウトドアでワインを片手にジャズのライブを聞く、最高に心地よいひと時でした。

 

このお皿とイベントのロゴ入りワイングラスはお土産で貰えます。

 

ワインとおつまみを片手にジャズのライブコンサートを満喫。

 

ウェブサイトにも詳しく記載されていますがちょっと一足早い子供も楽しめるクリスマスイベント(12月7日)

来年の3月にはフィルムフェスティバルが開かれるようです。

 

イベント情報やロス・オリボスの詳しい情報はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

https://www.losolivosca.com/

 

ロス・オリボスの楽しみ方 

ワインテイスティングだけではなくロス・オリボスには女性には嬉しいショッピングやスパ付のホテルなどが

あります。

 

◎ラグジュアリーな気分で泊まれるスパ付きのホテル 

“Fess Parker”(フェス・パーカー)という名前のホテル。

 

滞在しながらホット・ストーンセラピー、リフレクソロジーやフェイシャルマッサージなどが受けられる

ホテル。 (宿泊費用は時期にもよりますが一泊一部屋400ドル~500ドル前後)

 

因みに男性用のスパメニューもあります。

 

 

フェス・パーカーホテルの外観とプール。

 

ホテルに併設のブティックはカリフォルニアのデザイナーの洗練された洋服やアクセサリーが。

 

女性にはワインにお買い物にスパに3拍子揃った寛げる場所だと思います。

 

私は泊まった事は無いですがこのブティックで行くたびにお買い物。

 

今度はスパを体験すべく泊まってみたいなと思っています。

 

ホテルの詳細情報はこちらから

↓ ↓ ↓

https://www.fessparkerinn.com/

 

◎ウェスタン好きなら 

このホテルの真向かいに乗馬のグッズやブーツ等ウェスタングッズが売っているお店” Jedlickas’s”(ジェドリカーズ)

があります。

 

ウェスタングッズのお店。

 

このお店は1932年創業の古いお店でTony Lama (トニー・ラマ)、 Levis(リーバイズCarhartt (カーハ―ト)

といったアメリカのブランドを色々取り揃えています。

 

ウェスタン・グッズが揃うお店。子供の服が可愛いんです!

 

ウェスタンブーツ好きの私が気に入っているお店の一つです。

 

ウェスタンブーツは子供用から大人用まで色々あってカラフルで見ているだけで楽しくなります。

 

様々な色と形があって迷ってしまうほど。一番下の写真はキッズ用。

 

その他乗馬用の鞍なども売られています。

 

乗馬用のグッズが色々。

 

 

これそアメリカっていう感じの店内です。

 

お店の詳細情報はこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓

http://www.jedlickas.com/

 

お土産に最適なステイショナリー専門店 

“The Giving Ink by The Honey Paper (ザ・ギビング・インク・バイ・ハニー・ペーパー)という変わった

名前のお店。

 

他で売っていないテイストのカードや便せん等が売っています。

 

一味違ったバ―スデ―カードやサンキューカードをお土産にいかがですか。

 

洒落た内装のカード専門店。

 

お店の詳しい情報はこちらから

↓ ↓ ↓

https://honey-paper.com/

 

映画「サイドウェイズ」で一躍有名になったレストランへ 

前回もちょこっと触れましたがこのロス・オリボス周辺を一躍有名にした映画があります。

 

その名は “Side ways”(サイドウェイズ)という映画です。

 

2004年にロードショーされ、これが爆発的にヒット。

 

 

冴えないシングルの小説家を夢見るワイン好きの男性が結婚を控えた親友が独身最後の羽目外しに行こうと言われ、

このサンタ・イネスにドライブ旅行に出かけて繰り広げられる恋愛模様を描いたストーリー。

 

これを日本版にリメイクして鈴木京香や小日向文世が出演して話題になったのを記憶されている方もいらっしゃる

でしょう。

 

こちらが日本のリメイク版サイドウェイズ。

 

このアメリカ版の映画で出て来て今でもアメリカ人に愛されているのが ” Hitching PostⅡ” (ヒッチング・ポストⅡ)

という名のステーキが有名なレストラン。

 

映画で一躍有名になったレストラン、ヒッチング・ポストⅡ。

 

一号店の “The Hitching Post” (ヒッチング・ポスト)は1952年にOstini & Natalie Ostini

(フランク、ナタリーオスティー二夫妻)が2号店の“The Hitching PostⅡ” (ヒッチング・ポストⅡ)

1986年に息子のFrank Ostini(フランク・オスティー二)がオープン。

 

メニューにはヒッチング・ポストの歴史が紹介されています。

 

このレストランの自慢はSanta Maria-style Barbecue (サンタマリア・スタイルバーベキュ)という元は

アルゼンチンの炭火焼をヒントにこのサンタバーバラのサンタマリアバレー周辺で古くから伝わる方法でグリル

されたステーキです。

 

Live Oak (ライブ・オーク)の木を燃やしてじっくりと焼き上げられるます。

 

またワインは“The Hartley Ostini brand”(ハートレイ・オスティー二ブランド)のワインも提供しています。

 

事前に予約を入れて行ったものの行ったら凄い人人人! (因みに待っている人は全部予約の人です。)

 

予約しているにも関わらず人で一杯の入り口。

 

待つ事40分。

 

今日のお勧めメニューも。

 

やっと席に案内されてまず前菜はレストラン一押しのGrilled Artichokeグリル・アーティーチョーク)から。

 

蒸してからさらにじっくりとグリルされ、スモークされたアーティーチョークは中がしっとりと柔らかく一口噛み

しめる度に何とも言えないスモークの香りが口に広がります、

 

またピリ辛のトマト味のマヨネーズソースが合ってワインが進む一品です。

 

こちらがスモーキーな香りが漂うグリルアーティーチョーク。

 

その他に私は Bay Shrimp Cocktail (ベイシュリンプのカクテル) を。

 

小さい海老、ベイシュリンプのカクテル。

 

こちらも小ぶりの海老がぎっしりと詰まっていてピリ辛のカクテルソースが合います。

 

私の好きな前菜の一つです。

 

そしてメインはFilet Mignon Steak (フィレ・ミニヨン・ステーキ)の一番小さいサイズ5オンス(140g)

をチョイス。

 

柔らかくて且つジューシーなお肉で赤ワインが進む進む 

 

メインでオーダーしたフィレ・ミニヨン。

 

そして〆のデザートはこの日のお勧めデザートメニューに載っていて迷わず決めた私の大好物、Key lime Pie

(キーライムパイ)

 

こちらが甘さ控えめのキーライムパイ。

 

甘さ控えめでペロっと完食。

 

大変満足行くお店でした。

 

映画で度々出て来るバーカウンターと壁には映画撮影時の写真が。

 

ワインテイスティングに行った帰りに是非こちらのレストランで夕食を!

 

その際には事前に必ず予約を忘れずに!

 

レストランの詳細情報はこちらから

↓ ↓ ↓

https://hitchingpost2.com/index.html

 

今日も覗いて頂き、ありがとうございました!

 

良かったらご感想とコメント欄の下にある ボタンをポチっとして頂けたら

嬉しいです

 

良かったらポチっとお願いします

6+