アメリカ大陸横断ロードトリップ ~ イリノイ州シカゴ ~ 

8+

6月25日(金)ホテルを出発し、いよいよシカゴへ。

距離にして203マイル(100キロ)、休憩を入れてひたすら高速55をまっすぐ行く約4時間半のドライブでした。 

いよいよシカゴへ向けて運転スタート。

 

地図

 

シカゴに近づくにつれて町の雰囲気が西海岸と違う緑の多い、築100年以上は経っているだろう古い家屋があちこちに。そんな中、途中でリンカーン大統領墓地の看板が現れ、立ち寄る事に。

こうした古い家々が緑豊かな中で幾つも見られます。

 

緑豊かな広々とした敷地の中心にリンカーン大統領が眠っている大きなお墓がありました。墓地は小さな資料館のようになっていてリンカーン大統領の生い立ちや功績を知る事が出来ます。また外にはリンカーン大統領の顔の銅像が設置してあるのですがここを訪れる人達が触っている為に鼻がツルツルになっていたのが印象的でした。

リンカーン大統領墓地の入り口。

 

墓地はちょっとした資料館になっていてその目にリンカーン大統領の銅像が。鼻が金色になっているのは訪れる人々が触っているのでテカテカに(笑)

 

さらにとうもろこし畑やサイロが広がる畑の風景を横目に高速55を進んでいき、無事にシカゴ郊外に住む旦那さんの友人宅近くに到着。

トウモロコシ畑が延々と続きます。

 

緑豊かなシカゴの街

オクラホマ州を入った辺りから緑が多く感じられるようになりましたが特にシカゴに入った途端、さらに緑が多いと感じました。またどの家も庭が広いのなんのって!とくに驚いたのが裏庭にどの家も柵がないこと。これはロサンゼルスではあり得ない光景でした。旦那さんの友人宅の裏庭には柵が無くてどこまでが自分の敷地なのか不明。聞いたら裏庭はなんとなく敷地が決まっているけれどみんな適当に譲り合って使用しているとの事。文句言う人はいないそうです。実にのびのびとしていていい意味でのんびりとしていて良いなあと感じました。

家の正面にも裏庭にも柵が無く、実に広々としています。

 

そしてもう一つ驚いた事が。車の保有台数が多い事。大体2台置ける大きなガレージがある家が多い中でさらにガレージの前に4台、5台と駐車している家を多く見かけました。聞いたら一人一台は保有していてガレージに入りきれないので停めているんだと。これもロサンゼルス中心地では見られない光景です。

6台、7台は当たり前の車の保有台数‘にびっくり。

 

シカゴの観光

シカゴで私達は6月25日(金)から28日(月)の4日間を過ごしました。その中で駆け足で訪れた観光名所をご紹介しましょう。

① Cloud Gate (クラウド・ゲート)

シカゴの中心地ミレニアムパークにある巨大な彫像でインド出身の彫刻家 Anish Kapoor(アニッシュ・カブーア)が2004年から2年かけて作成した168枚ものステンレス板を溶接して鏡の塊のような継ぎ目の無い彫像です。高さ10m、幅20m、奥行き13m、重さ約100トンもある巨大な彫像です。豆の形に似ているのでThe Bean (ザ・ビーン)とも言われています。彼は液体の水銀をイメージし、そこに鏡の様に彫像を取り巻く景色が映りこむ様にデザインされたそうです。

こちらが有名なザ・ビーンの愛称で知られている彫像。

 

またこのミレニアムパーク内に大きな野外コンサートホールがあり、ステージをデザインしたのはロサンゼルスダウンタウンにあるディスニーホールをデザインした同じアーティスト、Frank Gehry (フランク・ゲイリー)によるものです。

 

ロサンゼルスのディスニーホールと同じ建築家による野外コンサート会場。

 

②ミシガン湖

シカゴと言えばミシガン湖。北米にある五大湖と言われる中の一つの湖でミシガンという名前はカナダの先住民族の言葉であるオジプウェーブ語で偉大な水(michi-gami)から来ていると言われています。面積は約58,000㎢(東京ドームの約1,234個分の大きさに相当)、最も深い所で水深が281メートルあります。また南北の長さは約く500キロ、東西は190キロに及ぶ大きな湖です。

とても湖とは思えない規模のミシガン湖。

 

湖の周辺には沢山のビーチや歩道も充実していて、バーべーキューやジョギングなど楽しめる様になっていました。私達が行った時はほぼ連日大雨、さらに寒いという生憎の悪天候(行く前まではしばらく雨が降っていなかったそう)でとても泳ぐ気分にもなれず。もしお天気が良かったら泳ぐか趣味のスタンド・アップ・パドル・ボーディングをしたかったのですがこればかりはどうしようもなく泣く泣く諦めました。

泳ぎを楽しむ人やジョギングを楽しむ人々の姿が多く見られました。

 

しかし間近で見る湖は大きく、とても湖とは思えない、ここは海?と錯覚する景色でした。こうした自然を見えるとアメリカはさすがに広いなと思い知らされます。

 

③ボートで回る建築の歴史を見るリバークルーズツアー

シカゴのダウンタウンには沢山の高層ビルや築100年以上経った古いて建物が多くが建ち並んでいます。その建築物の歴史的な背景などをボートで水上から見ながら説明を聞けるというツアーに参加。この日だけ快晴になり、ボートツアーには最高のお天気。女性のガイドさんが歴史的な背景も含めながら代表的な建築物を実に詳しく説明してくれ、非常に勉強になった時間でした。

リバークルーズボートの様子。水上から見る景色はまた格別です。

 

様々な会社のリバークルーズがあります。

 

レンタルカヤックも出来ます。

 

その昔はミシガン湖は生活排水が湖に流れ込む様になっていて汚染が進行。それを見かねて市が何とか出来ないかと思案を重ねて水の流れを変えるシステムを作り、そこから各段に湖の水質が向上したそうです。歩きながらダウンタウンの街並みを眺めるのも良いですがこうしたボートツアーの詳しい説明を聞きながら水上から逆に建物を眺めるのも違った景色を楽しめてお勧めです。

 

川沿いに遊歩道があり、カフェやバー等もあるので散歩したり、川の景色を見ながら食事も楽しめます。

 

詳しいボートツアーの情報はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

https://www.architecture.org/architecturecruise

 

シカゴ名物の食べ物

シカゴ名物と言えば何と言ってもホットドッグとピザ。私達は勿論友達にお勧めのお店に案内して貰い、堪能して来ました。

①ホットドッグとイタリアン

幾つかあるホットドッグのお店の中でもイリノイ州のみならず全米にチェーン展開している人気店Portillo’s (ポールティーロ)へ。コカ・コーラやポップな絵が等が飾ってあり、明るい雰囲気の店内。また人気店なので平日の夕方とは言え、沢山のお客さんで賑わっていました。

こちらが明るくポップな雰囲気のポルティーロ。

 

私達はビール、ホットドッグ、ポークリブ、イタリアンビーフサンドイッチをオーダーしてシェア。

ビール、シカゴホットドッグ、イタリアンサンドイッチにポークリブ。

 

茹でたソーセージをバンズに挟みイエローマスタード、玉ねぎのみじん切り、緑色に着色された甘いピクルスのみじん切り、細長く切ったピクルス、トマトを挟むのがシカゴスタイルのホットドッグ。ケチャップは使わないのが特徴です。非常にシンプルな味で私の好きな味。

こちらがケチャップをかけないシカゴスタイルのホットドッグ。

 

また初めて食べたのがイタリアンビーフサンドイッチなるもの。これもシカゴ名物なのだそう。グレービーソースをサンドイッチにかけて食べるボリュームのあるサンドイッチ。ソースに付けて食べる dippin sandwich(ディッピングサンドイッチ)はロサンゼルスにもありますがこうしてサンドイッチにあらかじめグレービーソースを思いっきりかけたサンドイッチ(グレービーソースに浸してあるという感じ?)は初めての体験でした。食べる時に既にパンがソースでびしゃびしゃになってるのはうーんという微妙な味でした。旦那さんの友達は追加でグレービーをオーダーしていてさらにソースを浸して食べていたのには驚き。

こちらがグレービーソースが大量にかかった(浸したという方が正解)イタリアンサンドイッチ。

 

お店の詳しい情報はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

https://www.portillos.com/index.html

 

②ディープディッシュピザ

もう一つのシカゴ名物と言えばピザ。私達はこれまた人気店の Lou Malnati’s (ルー・マルナティーズ)へ。

シカゴピザの中でも人気のあるルー・マルティナーズ。

 

幾つか種類がある中で最も人気のあるのがディープ・ディッシュピザというスタイルのピザで早速このピザをオーダー。これは鉄の底の深いスキレットと呼ばれるフライパンで焼かれるパイ生地の厚いピザです。非常にボリュームがあり、一枚食べたらもうお腹がパンパンになる位食べ応えのあるピザです。

一枚でお腹パンパンになるボリューム。

 

お店の詳しい情報はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

https://www.loumalnatis.com/

 

シカゴで宿泊したホテル

6月25日(金)から28日(月)までの4日間宿泊したシカゴのホテルはチェーン展開している至って普通のビジネスホテル、ホリデーイン。クイーンサイズの2ベッドルームだったせいか広々とした部屋でした。2つの大きなスーツケースを広げても充分に余裕のスペースがある程。

 

少し広めの部屋で大きなスーツケースを2つ広げられる程の余裕が。

 

シカゴの次はニューヨーク州のバッファローへ。

 

今日も覗いて頂いてありがとうございます。

良かったらご感想とコメント欄の下にある ボタンをポチっとして頂けたら

嬉しいです

 

8+