アメリカ横断ロードトリップ ~アリゾナ州フラッグスタッフ~

13+

さて2021年も早くも半分が過ぎましたね。

ずっと気になっていた日本国内のコロナのワクチン接種もやっと進み始めて良かったと思っています。こちらカリフォルニアもワクチン接種率が上がって来た事もあり、6月15日から一斉に全ビジネスが再開されて普通の生活に戻り始めています。そんな中、うちの旦那さん、急に思いついた様にスーパーオートクルーズ付きのキャデラックのエスカレードという新車を先月購入。で東海岸まで車で横断の旅をしようという大胆な計画を打ち出してくれました。

スーパーオートクルーズ機能を作動させてドーナツを頬張る満面の笑みの旦那さん。

 

前半はロサンゼルスの自宅から弟がいるニュージャージー州まで。後半はそこからロサンゼルスに戻ってくるというまさに西から東という行程。実は前半の旅程はざっくり決めてあるのですが後半はまだ未定という行き当たりばったりな状況です(笑)おそらく一か月半の旅程で回る事になりそうです。

一か月半もかけての長期旅行などそうそう行けないのと普段なかなか行けない州にも寄ろうという計画なので今から非常に楽しみです。この長距離ロードトリップを自分の記録として残したいと思い、綴って行けたらなと思っています。観光、食べ物等カリフォルニアでは見れない物をご紹介できたらと思っていますのでお付き合い下されば嬉しいです。

さて初日は6月17日(木)の朝8時にロサンゼルスを出発し、フリーウェイ10に乗ってフリーウェイ60,605,210,15,40と経由してまず最初の宿泊地、Flagstaff (フラッグスタッフ)というグランドキャニオンやセドナと言ったナショナルパークの玄関口と言われる場所までの距離にして

478マイル(約300キロ)を走る行程。

 

 

 

ダウンタウンの高層ビル群を見ながら徐々に都会の景色から緑の少ない砂漠の景色と変わって行きます。こうした移り行く景色を見て運転しているとアメリカって本当に広いんだなと感じます。

これはフリーウェイ40のサインでこのまま道なりに2,554マイル(4,110キロ)走るとノースカロライナまで行くという意味。

 

都会の様相から一気に荒涼とした砂漠の形式が広がっていきます。

 

途中 Needles (ニードルズ)という中間地点まで一回トイレ休憩を挟んで3時間程で到着。そこに行く間にたまたま高速をちょっと下りた時に有名なRoute 66に合流。そしてその地にちなんだレストランを発見。昔そこに貨物列車の駅があったという記念碑がありました。

ルート66にちなんだカフェを発見。

 

日本でお馴染みのサブウェイでサンドイッチを購入してランチ。食後ロサンゼルスでは見た事の無いアイスクリームのチェーン店、Daily Queen (デイリークイーン)でソフトクリームをデザートに。味は昔高速道路の休憩所で良く食べたソフトクリームの様な甘さ控えめでどことなく懐かしい味。

こちらがデイリークイーンのソフトアイスクリーム。

 

しかしここで驚いたのがガソリン代がなっなんと5ドルを超えていた事!カリフォルニアは他の州に比べて高いのですがここんところ徐々に高騰。5ドルは初めて見た価格でびっくり。そしてもう一つ外気温がこれまた121F(摂氏49℃)!外に出たら熱風が凄くて息できない位の熱さ。こんな熱さは初めての経験。

5ドルを超えていたニードルズのガソリンスタンド。

 

外気温121F (摂氏49℃)!

 

そして運転を旦那さんから交代し、ぶっ続けで時速120キロ位で飛ばし、途中大雨にも遭いながら無事にホテルに到着。今夜のお宿はビジネスホテルのホリデーイン。

至って普通のビジネスホテル。高速道路に近く、便利。

 

夕飯は近くのOutbackでステーキを。

オニオングラタンスープとフィレミニヨンステーキを。

 

次は2日目の目的地アリゾナ州とユタの境にあるナバホインディアンの居住地区に指定されているモニュメントバレーの旅を綴りたいと思います。

 

今日も覗いて頂いてありがとうございます。

良かったらご感想とコメント欄の下にある ボタンをポチっとして頂けたら

嬉しいです

 

良かったらポチっとお願いします

13+